【出会い体験談】22歳 フリーターの場合その2

【出会い体験談】22歳 フリーターの場合その2

僕が実際の経験した

出会い系サイト「ワクワクメール」

知り合った22歳 フリーターとの出会い体験談です。


3時をちょっと過ぎた頃メールが届いた。

「もう着いてる?」

「うん、着いてる」

「うちももう着くけん、待っててね」

しばらくしてGジャンにミニの

女の子がこちらに来た。

身長は170cmでちょっとポッチャリ手前といった感じの大柄の子

車に乗りこみ、少し世間話をした後、

車を走らせる。

5分ほど移動したところに

大きめの駐車場があり、

建物の横に車を止める。

時間が時間なだけに

周りに人の気配はないが、

時折、前にあるフェンス越しに

車が通り過ぎていく。

事前のメールでのやり取りで、話も早く、

俺の肩にもたれる麻衣。

ゆっくりと彼女の肩に手を廻し、

いきなり服の上から胸を揉む。

「あぁ~ん」

と軽く声を漏らす麻衣。

「どんな事されたいと?」

意地悪く耳元で囁くと、

麻衣は一応に恥じらいを見せた。

「正直に答えないと、やめるよ」

「えっ? いっぱい舐めて欲しい…」

感じ始めていた体の動きとは対象的に、

か細い声で本音を漏らした。

あとは服を脱がせ、

露になった巨乳を激しく舐める。

車のシートを倒して、

柔らかい麻衣のおっぱいを

いやらしく音を立てて舐めると、

更に麻衣は興奮していた。

こいつMっ気がある!

そう感じとった俺は後ろから、

両手でおっぱいを揉み上げながら、

車のウィンドを開ける。

「いやぁ~恥ずかしい…」

と一応恥ずかしながらも、

身体の反応は更に大きくなっていった。

俺の中のエロスイッチが入り、

車が通るたびに

「ほらぁ~今車運転してた人ずっとこっち見てたよ」

と麻衣の羞恥心を刺激する。

もう時間も随分と経ち、

明るくなる空をよそに、

狭い車内の中で、

シックスナインの体制で、

お互いの感じ易いところを刺激しあった。

帰り際、次はたっぷり一日をかけて、

最後まで楽しむ事を前提に、

別れた。

==続く==


▼この体験談で利用した出会い系サイトはこちら↓↓

【出会い体験談】22歳 フリーターの場合TOPへ戻る

inserted by FC2 system