【出会い体験談】29歳 販売員の場合その3

【出会い体験談】29歳 販売員の場合その3

僕が実際の経験した某出会い系サイトで知り合った29歳 販売員 りか との出会い体験談です。


その後も2、3度仕事が終わった平日に、

りかと過ごし、はじめての日曜デートを迎える。

りかは前日から一緒に過ごしたがって

いたが、日曜は天神で待ち合わせ、

ちょっと遠出をしようという事となり、

その日は車で門司までドライブ。

お互いいい加減いい歳しているのに

ラブラブムード全開

信号で止まる度、キスをする…

休憩といって車を止め、キスをする…

結局、門司港付近をブラブラと車を走らせ、

公園で仲睦まじい歩き、まったりとした

時間を二人で過ごした。

りかは夕方から急遽ショップの仕事が

入っていたので、早めに福岡へ戻る事に。

とはいえ仕事までの時間は、

まだたっぷり残っていたので、

そのままホテルへ寄り道…

部屋に入るなり、激しくお互いを求め合った。

りかの好きなバックから責めながら、

その日は2回エッチをした。

ショップまで送る車の中で、

俺は心の中で一人つぶやいていた。

「もう、りかは俺の女だ」と…

送り終わった後、一人になった俺は、

一人淋しく映画を観ていた。

途中、りかからの着信にも気付かずに…

結局、その日はりかとメールも電話も

する事無く終わった。

そして翌日、りかから一通のメールが…

「もう、会うのやめよう…」

「えっ えっなんで」

「やっぱり身体から入った関係は、

 なんか不安なんよぉ…」

「でも、俺本気だよ。

 一緒におってわからんやった?」

「それはわかる。うちも本気やもん。」

「なら、このままでいいやん。」

「でも…それにまだ付き合うって

 言われてないし」

「そんなん、言わんでもわかろうもん」

「実は…別の人から、何度も付き合って

 欲しいって言われよっちゃん」

「はっ!?」

「うちはまぁクンの方が好きやし、

 一緒にいてドキドキするし、楽しいよ」

「だったら…」

「でも、不安なんよ…。

 それにうちもいい歳しとうけん、

 落ち着かんとね」

「たぶん、その人はうちのこと大切に

 してくれるの良くわかるっちゃん」

「俺も大切にしとうよ」

「うん。でも、まだ仕事も遊びも

 落ち着かんやろ?」

「・・・」

結局、そのやり取りを最後に、

りかとは二度と会う事もメールする事も無かった。

良くも悪くも、

出会い系の中の“出会い”

予測不可能はスリルが満載である…

.


▼この体験談で利用した出会い系サイトはこちら↓↓

出会える機能満載☆今ドキの遊び系!メル☆パラ

【出会い体験談】29歳 販売員の場合TOPへ戻る

inserted by FC2 system